帝王切開だったのでちゃんと母乳が出るかどうか?

 

 

"もともと、自然分娩でも人によっては母乳が出ない人もいることを聞いていました。ミルクをあげるのは冬の夜中とか寒いししんどいよぉ。と会社の先輩方から聞いていたので、母乳が出なかったらどうしよう。。と思っていました。

 

実際の産後では、緊急帝王切開になってしまったので、自分が産んだ!という感覚がなかった為、体が母親になったという事を認識しなくて、母乳が出ないのでは・・と不安でした。現実には母乳が産後すぐに出始めたのでそこは安心はしました。

 

その後は母乳の成分でも悩みがありました。和食中心の方が良いお乳がでる。甘いもの。脂っこい物えお食べるとお乳は美味しくなくなるから赤ちゃんは飲んでくれなくなる。などいろいろな話を聞いていたので、食べ物には気を付けていたのですが、やはり甘いものも食べてしまったときもあり、その度に飲んでくれるか不安でした。自分の食べ物で赤ちゃんの成長に影響が出てしまうのが本当に怖く、カフェインは絶対にとってはダメなんだ、とか色々勉強したせいで過敏過ぎるくらいになっていました。"

 

 

母乳育児の悩みは様々ですよね。
きになる記事があったので、問題解決のためにも一度見てみてくださいね。

 

ストレスからくる腰痛などにも、マットレスの見直しは効果的です。
こちらのサイトを参考にモットンのマットレスについて知識をつけることをおすすめします!

気にしすぎない。

 

 

"基本は和食中心での生活を心がけました。そして、自分にも合う・合わないの食材があることを知り、合わない食材を摂取するとお乳が詰まってしまって、カチカチに張って大変な思いをしました。なので初めて食べる食材は少量から、ちょっとでもお乳が詰まる感じがしたらその食材は食べないようにしていました。

 

詰まりかけたなら、その日のうちに一所懸命揉んで開通させるようにしていまいした。完全に詰まってしまったら、自分でどうにかするよりもすぐに病院に行って処置をしてもらうようにしました。すぐに人に頼るようにしていました。

 

あと、母乳に良いもの、悪いものは自分でもちゃんと調べて、把握しておくようにしていました。たまには息抜きやどうしても避けられない会食がある場合には、前もって多く搾乳しストックを多く作成しておき、息抜き後、会食後の5時間以内のお乳はあげずに、廃棄をして基本は飲まさない様にしています。

 

搾乳する際は出来るだけしっかりと搾乳して、新しいお乳が作られるようにして、何があっても良いようにお乳のストックは必ず何個かは冷凍庫にあるようにもしていました。

 

実際こうしていても、気を抜いてしまう事も多く、考えすぎていると自分がしんどくなり、その疲れが赤ちゃんにも伝わってしまうので、気楽に、考えすぎない様に過ごすようにしています。"

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪